オレ式 キャンプスタイル

アウトドア
スポンサーリンク
ペロりん子
ペロりん子

こんにちは、こんばんわ!おざます!
今回は、自分のキャンプスタイルを紹介していくよ〜

ペロりん子
ペロりん子

「こんな感じでやってます」ってのを載せていくぞー❗️

キャンプスタイル

ソロキャンプに憧れてますが、子供を連れて行かないわけにはいかないので💧、ファミリーキャンプが基本です。あっ、ソロの経験はありません。。。

ギアについては、ファミリーキャンプに対応できるものが主です。
ただし、ソロだろうが、できるだけ優雅に過ごしたいので(不便はなるべくしたくない)、大きいテント・ごろごろできそうなアイテムを集めてやろうと計画中です!!!

テント

⛺️コールマン タフドーム/3025

ドンキで2万円くらいであったので、「キャンプを始めるのにはもってこいだな」と購入!

インナーテントの下が破れないように、敷物が必要とのことで、ホムセンでブルーシートならぬシルバーシートを敷いています。

室内の広さは4人でも十分すぎるくらいです♪

正直、このテントに満足はしていません。やっぱり、ツールームの機能性が欲しいな〜😵
前室が広ければ、天気が悪くても、道具の置き場が確保できるので・・・・。
以前、雨の中でキャンプした時は、ずっと「ツールーム欲しい、カマボコテントに応募してやる」と考えてました。

また、使ってみないとわからない部分かもしれませんが、インナー組立て➡️フライシート被せるやつは、組立てやすいとは思わないです。昔に比べるとかなり向上してるのでしょうが・・・。
インナーは吊り下げ式の方が、組立て簡単じゃない!?

まぁ、コスパは良かったのかな?

テーブル

DOD ストレージアウトドアテーブル

キャンプを始めた直後から、DODのファンになりました。(テントもDODに・・・)

アルペンアウトドアに行ったときに置いてあったって、テーブル(運動会用)が欲しかったので購入。

現在のメインテーブルです。かなり活躍しています。ロースタイルと下部収納がいい☺️

ちょっと重たくて、コンパクトにならないのが玉に瑕(きず)ですが、かわいいし許すっ!
ただぁぁぁし、類似品でグッドラックテーブルってのがあって、そちらは車への積み込みの際に棚代わりにもなるので、もし購入したいって方は、要チェックやで〜

タープ

DOD オクラタープ BK

いつかはカマボコテント(DOD)を購入してやろうと・・・。カマボコ買うなら黒だろうと・・・。
ヘキサより広くて、チーズより形が好き。
ポールで立てるタープがめっちゃ楽しそう・デキる感じがする!ということでオクラタープの黒を買いました。

購入時点で、ポール別売 (゚ω゚)ハッ!(素人感)、ロープは太いのがいいとのことで、合わせてポール2本・ロープ買いました・・・・。お財布が・・・(´。_。`)

ポールは赤、ロープ5mmの黄色にしました。めっちゃかっちょいんで(厨二)許します。

ペロりん子
ペロりん子

なんでカマボコテント3には黒がないんですか!DODさぁぁぁんorz

寝具

一応、敷物としてコットとマットがあり、基本はマットで寝ています。掛ける方は、寝袋や布団を持って行っています。寝袋は安物や貰い物で、9月のキャンプは夜寒かったよー😵

敷物

はいっ、DODが好きです。ソトネノサソイLを2枚並べて寝ています。できればキワミが・・・。
コットはキャンプでは飾りですね、置いているだけですね。公園行ったときは昼寝用で大活躍ですが♪
コットで安眠したい場合は、コットに敷くマットが欲しいですね。

掛け布団系

寝袋は充実していません。でも最近は、夏より秋冬にキャンプしたいので致命的です。
家で使用している布団が命綱ですwww

一応、モンベルの安い寝袋は買いました。
寝袋にしてはコンパクトになりませんが、やっぱり暖かいと思います。
(子供に取られてほとんど使えませんが泣)

火まわり

ユニフレーム ファイアグリル

焚き火台を調べてたら「これやっ」ってなりました。

アウトドアショップの店員さんおすすめだったし、それなりの大きさがあるのでファミリー用にはもってこいですね♪

パーツが壊れたりしても、その部分だけ購入できるとか聞きましたよ!

はじめはコールマン コンロ パックアウェイグリル2“>コールマンの焚き火台?を使用してましたが、網を外さないと炭や薪が入れられないので、使用しなくなりました。
焚き火台とガスバーナー・カセットコンロで調理しています。

その他

収納

キャンパーの必須アイテム??無印の収納BOX、Mサイズくらいのを2つ使っています。

容量もあり、積み込みやすい、おしゃれだしテーブル代わりになるので便利です♪

そして、オリジナル性を出すためにスッテカー貼ってます。もちろんDODwww

Oregonian Camperのバケットに薪・炭・着火系の道具を入れています。

オシャレでそ?。・∀・)ノ

ランタンスタンド

snow peak パイルドライバー

名前からしてGOODですねw
強そう・・・差し込むので、場所を選ばず、どこにでも設置可能です。

差し込む際も、ハンマー不要で便利です✌️

カート

DOD アルミキャリーワゴン

オートサイトには不要かもしれませんが、車までの運搬時は必須で、キャンプ場では荷物置き、遊び道具になっています。

チャムスのカートと悩んでいましたが、発売延期のためDODにしました。

最大容量:約160ℓ、生地が外せるのが便利です。

他メーカー品と大きな差はないと思うので、ほぼデザインで選んでいます。

運動会時は重宝します。

まとめ

現在のキャンプスタイルについてざっとまとめてみました。
大事なところが抜けている気がしますが、別の機会に紹介できればと・・・。

今後の目標・理想

については、次回で紹介していこうかと・・・。
今回紹介したところをベースに、変わっていくところを「観せていきたいっ」と思っています。

(΄◉◞౪◟◉`)ノシ

コメント