【おすすめしたい漫画5選】これだけは読んで欲しいので紹介してみる

マンガ
スポンサーリンク

僕が小学生の時に、兄が買いだした『週間少年ジャンプ』。
このジャンプの影響で、僕は『マンガ』にハマります。

もともとアニメや特撮、特に仮面ライダーが好きで、アニメがあればとりあえず見るという少年時代を過ごしました。

その影響もあり、ジャンプを読み出してからはマンガは大好き!ジャンプなのでオーソドックスなマンガがメインでしたが、高校に行きだしてからは友達が持ってきているマンガを授業中に読んだりと、たくさんのマンガに触れることができました。

といっても、ジャンプから「マガジン・サンデー、ヤンジャン」に広がったくらいですがwww

マンガを読むきっかけとなった『ジャンプ』の中でも、入りは「るろうに剣心」で、”侍・刀”はもうカッコ良過ぎ!

仮面ライダーが好き、、、戦う系のマンガは読みたくなる、「刀」カッコイイってところからスタートし、友達のおすすめや絵が好きなもの、いろいろなマンガを読むようになりました。

また、好きなマンガは何度も読み返し、スラムダンクなどは物語の内容を詳細に説明できる気がします。笑

そんな僕が、いろいろなマンガを読んできた上で、

これだけは読んで欲しいなと思う』マンガを5つ

選びましたので、ご紹介したいと思います!

この記事は、こんな方に読んで欲しい
  • マンガが好き
  • おすすめされたマンガを知りたい・読みたい
  • いいマンガを探している

選んだマンガは知識などとしては不要かもしれませんが、豊な人生を送る上で、楽しいひと時を作れる作品だと思っています。

まず選んだ5つのマンガをご紹介し、選んだ理由についてをあらすじ等を含めてお伝えしていきます。

ペロりん子
ペロりん子

最後まで読んでもらえると、

うれしいなぁ〜✨

死ぬまでに読んだほうがいい マンガ”5選”

タイトルジャンル
ONE PIECE冒険・少年・ファンタジー
鋼の錬金術師ダークファンタジー
クローズ不良・少年
タッチ野球・ラブコメ
SLAM DUNKバスケ

以上が僕が選んだ、『死ぬまでに、絶対に読んだ方がいいと思う漫画』です!

続いて、あらすじを含めながら「おすすめする理由」についてご紹介していきます。

1. ONE PIECE

作品紹介

  • 作者:尾田 栄一郎
  • 出版社:集英社

日本国内では「知らない人はいないのではないか」と思える人気作で、出版において国内記録をたくさん保持している。

あらすじ

主人公の「モンキー・D・ルフィー」が、海賊王になることを目指し、冒険にでる物語です。

かつて『海賊王』と呼ばれた「ゴールド・ロジャー」がおいてきたと言った、『ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)』を手に入れるため、『海賊王』を目指します。

2021年現在、98巻まで発行されており、物語もいよいよ終盤に差し掛かっています。
ネタバレになるので詳細はお話ししませんが、今まで読んできた僕にとってはかなり熱い展開となっており、早く続きが見たいです。

物語序盤は仲間を集めることがメインで、ルフィーが率いる「麦わら海賊団」へ加入した理由や、メンバーの夢などが語られます。

仲間を増やしつつ、海賊王しか辿り着いたことのない島『ラフテル』を探すため、『偉大なる航路』へ入ります。

ワンピースが隠されているという島『ラフテル』を目指し、ライバル海賊団海や海軍と激闘しつつ、時には国を救ったりしながら、冒険をしていくストーリーです。

おすすめしたい理由

連載開始時からリアルタイムで見ている、完全にハマっている、結末を見届けるまで死ねないので、かなりフィルターのかかった意見になるかもしれませんがご了承下さい。

まず、僕自身が戦闘系や物語が好き、新しいマンガを読もうと思った時は大体「絵」から入るってことで「ONE PIECE」を見ていこうとなりました。戦いながら冒険していき、絵も好きなので、そりゃー見ますよね♪

おすすめ理由は、ストーリーがおもしろいのは間違いないのですが、様々なところに伏線が張ってあり、何気ないシーンが実は伏線だったりと、「尾田先生、あなたは天才です」と思うところが多々あります。

連載スタートの段階で、全てのストーリーが出来上がっているのではないか?そんなふうに感じます。

僕は少年期から読んでいますので、始めから楽しく読むことができて今に至りますが、絵のタッチや、初期の内容は「少年」に向けかなと思います。

物語が進むにつれて、真相などが気になり「見たい!」と思えるのではないでしょうか?

キャラについても個性的で、主要メンバー以外にも素敵なキャラがたくさんいます。多すぎて「あいつ誰?」となりがちですが、いろいろなキャラに役割を持たせていて、サブキャラと思っていたキャラが結構重要なキャラだったりと、楽しませてくれる要素満載です!

ONE PIECEを読んだことない人に、これだけは言わせて!

アラバスタ編(20巻付近)までは読んで欲しい!

ここまでで、5回は泣けるから!!

ペロりん子
ペロりん子

ぼ、僕も海賊王目指すために(震え声)、ゴムゴムの実を食べたら何をするか考えてみました✌️

2. 鋼の錬金術師

作品紹介

  • 作者:荒川弘
  • 出版社:スクウェア・エニックス

あらすじ

主人公のエドと弟のアルは、死んだ母を蘇らすため「禁忌」である人体錬成を行い、体を失います。(エドは腕と足、アルは体全部)

失った体を取戻すため、2人は「賢者の石」を探す旅にでます。

賢者の石を探すために『軍』に所属したエド。しかし、旅をしていくうちに『軍』がある陰謀を企んでいると知り、仲間たちやかつてのライバルと協力して陰謀を阻止しようとする、そんなマンガです。

おすすめしたい理由

まず、入りから素晴らしいです。

痛みを伴わない教訓には意義がない

人は何かの犠牲なしに何も得ることなどできないのだから

出典:荒川弘『鋼の錬金術師』

ハガレン連載時はアニメも放送されていたので、上記セリフに聞き覚えのある方は多いのではないでしょうか?

たしか友達に勧められて読み出したと思うのですが、アニメちっくで見やすい「絵」、使いたくてしょうがない「錬金術」、1話目から印象的ですぐに入り込めました。

基本は「賢者の石」を探す旅で、悪巧みをしている奴らと戦って成敗という内容ですが、話が進むにつれて強大な敵が見えてきます。

ここから先はネタバレになってしまうので、省略しますが、、、

あやふやな感じでしか終わらすことができないと思っていた僕ですが、物語の終わりかたがサイコー過ぎて凄く満足しました!

シリアスな部分は多いですが、内容がそこまで難しくないので、すぅ〜っと読めるのではないでしょうか?

最後の終わりかたでの『満足感』を体感して欲しい❗️

3. クローズ

作品紹介

  • 作者:高橋ヒロシ
  • 出版社:秋田書店

あらすじ

どうしようもない不良たちが集まる「鈴蘭高校」。中学でてっぺん張っていた猛者や、ケンカ自慢がなど、問題児ばかりの学校に転入してきた1人の男がいた。

その名は『坊屋春道』。転入そうそうお調子者の彼は、すぐに目を付けられますが、持ち前の強さで圧倒。

その後も春道は、「鈴蘭最強の男」との勝負や、他校との抗争に巻き込まれながら高校生活を謳歌していくストーリーです。

おすすめしたい理由

最初は「WORST」が当時連載中でおもしろかったので、前作の『クローズ』も観たいなってことで読みました。

まず、不良マンガが好き!で、ヤンキーに憧れていたし、周りも不良マンガが好きだったってこともあり、楽しく読むことができました。

どうすることもできない捌け口をなんとかしたい。
でも現実ではそんなことできない、、、そんな感情を代わりに表現してくれる青春マンガではないかと思っています。

度は超えていますが、だからこそおもしろいし、マンガだからこそ表現のできる作品ではないでしょうか?

不良マンガで子供たちにはおすすめしにくいですが、高校卒業を意識しだしたときの『目標』や『夢』に向かっていく姿が描かれており、不良たちが真剣に悩んでいる姿は感じるものがあります!

スカッとしたい時に読むのが、効果的だと思います✌️

4. タッチ

作品紹介

  • 作者:あだち充
  • 出版社:小学館

あらすじ

双子の「上杉達也」「上杉和也」と「浅倉南」は幼馴染で、幼少期から行動を共にしており、「南」が言った幼少期の夢『甲子園につれてって』を叶えるべく頑張っていくラブコメ野球マンガです。

和也は勉強も運動もできる「天才」で周りからの人気者かつ『野球部のエース』。南のことが好きだけど、南は達也のことが好きだと感じており、アドバンテージを取るために甲子園を目指します。

一方、達也は怠け者で、和也とは真反対w 周りからはよくバカにされています。
しかし、達也は潜在能力がとんでもなく、和也と南だけは達也の凄さに気付いています。

達也・和也・南の3人が青春しながら甲子園を目指して成長していくマンガです。

おすすめしたい理由

今回、1番馴染みのある『タッチ』を選びましたが、『あだち充シリーズ』はどれも素晴らしい作品ばかりです。

その中でも野球マンガが僕は好きで、『H2』と悩みましたが、詳しく知っている『タッチ』をおすすめとしました。

アニメや映画になるくらいですので、ここでこうして「おすすめする」必要はないのかもしれませんが、一応おすすめ理由について述べたいと思います。

まず、南ちゃんが可愛すぎる♪ こんな娘に好きになってもらえたらと思うと、サイコーの青春時代ですよね!南ちゃんを見れるだけで価値がありそう。笑

また、野球マンガなので、甲子園を目指すことがイメージしやすいし、一見ダメ男に見える達也が成長していく展開がおもしろいです。

さらに、魅力的なキャラが多く、ライバル校との戦いも楽しめます!

素敵なシーン・セリフがたくさんあって楽しいし、泣ける❗️

5. SLAM DUNK

作品紹介

  • 作者:井上雄彦
  • 出版社:集英社

漫画界のトップそう言いたい作品!

あらすじ

不良の『桜木花道』は中学時代に告白するも、50人にフラれた挙句、最後にフラれた相手から「バスケ部の人が好き」と言われてバスケットボールが大嫌いになる。

フラれたことを引きずったまま湘北高校に入学、そこで『バスケットをしませんか?』と声をかけられブチギレそうになるも、そこにいたのは「めちゃくちゃタイプな女子」赤城晴子であった。

晴子にモテたい一心で始めたバスケットボール。いきなりバスケ部の主将にケンカを売るなど、波乱の展開になるが無事入部。入部してからも過去のトラブルによって波乱だらけな展開にwww

なんとかチームも完成し、迎えた県予選。今まで弱小と言われていた『湘北バスケ部』は最強のメンバーを引き連れて県予選に向かうのであった!

おすすめ理由

日本漫画界『最高』のマンガだと、僕は思っています。

バスケが好きな人もそうじゃない人も楽しめる、バスケがしたくなる(笑)、興味がでるような作品です。

そしてこの『スラダン』ですが、”名言”や”スカッとするシーン”、”泣けるところ”がもの凄くたくさんあります!僕が好き過ぎるからってのもありますがw

スラダンは何度も読み返しており、読むと止まらなくなる、内容を知っているから次のシーンや今後の展開が頭に浮かんできて『泣きそうになる』、もうやばいっすよ!

花道が不良ということで序盤はケンカシーンがあって、その辺も楽しめるし、ライバルチームにも素敵なキャラが多い、様々なキャラが『バスケにかける思い』が本当に素敵です!

高校時代に『夢』を追いかける………凄く共感できますし、羨ましい。相手チームにもがんばって欲しいと思えるような試合もあります。最終的には湘北を応援しちゃうのですがww

今回5つのおすすめマンガを選んだ中で、完結していることもあり

1番おすすめしたいマンガ』がスラムダンクです!

誰もが知っている名言がたくさんあります。

バスケ関係なしに、人生にプラスになると思える『最高のマンガ』です!

ペロりん子
ペロりん子

スラムダンクの関連記事もあるのだ✌️

まとめ

『死ぬまでに絶対に読んだ方がいいと思う【おすすめマンガ5選】』をご紹介しました。

自分が読んだ中でおすすめしたいマンガから選びました!

他にもたくさん「素晴らしいマンガ」はあるのですが、

  • 僕自身が読んで影響を受けた
  • 印象に残っている
  • 何度も読んだマンガ

より選んでいます。

マンガって、読んでいる人たちに『夢』や『楽しい時間』を与えてくれるものですよね♪

今回僕が選んだ5作品ですが、「僕が好きだ」ってのもありますが、

「楽しい」
「わくわくする」
「泣ける」
「おもしろい」
「続きが気になる」
「すっきりする」

などの良さが含まれています。

感じ方や興味があるかについては、人それぞれだと思いますが、

この記事で

このマンガ読みたいっ!

ってなった方は、試し読みだけでもご覧になってみてはいかがでしょうか?

「るろうに剣心」がきっかけって言ったのに、選んでなくてごめんなさい m(__)m 笑

試し読みはこちらから
ペロりん子
ペロりん子

以上、ペロりん子でした✌️

コメント